脳の病気に特化した人間ドック

人間ドックは、徹底的に体を検査することで、早期に病気を発見して治療することができる検査です。


最近では、人間ドックは特定の病気に対して特化しつつあり、心臓や肺、婦人科系の病気などを専門に検査する人間ドックも存在します。



その中でも特に多くの利用者がいるのが、脳ドックです。
脳ドックでは、主に脳動脈瘤、脳梗塞、脳腫瘍や脳萎縮などの有無を調べることができます。


また、最近では無症候性脳梗塞の発見もできるようになりました。

人間ドッグ関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

これにより、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳疾患を未然に防ぐことが可能です。これから、脳ドックでどのような検査が行われるのか説明していきます。


まずは、血液検査です。
これは、血中のコレステロール値から、脳血管の状態を把握する事ができます。

もしも値が高い場合は、血管の動脈硬化が進行しつつあるので、それなりの予防策が必要となります。

次に、エコー検査が行われます。

これは、首にある頸動脈に超音波をあてて画像を撮影する検査です。

頸動脈というのは脳に近いので、動脈硬化が起こりやすい場所です。
この頸動脈を撮影することで、脳に繋がる血管壁の厚さや動脈硬化の状況を把握できます。その結果、脳の病気の発症を推測することができます。

最後に、MR検査です。

これは、強力な磁気で頭部の断層図を撮影するものです。



この検査では、脳梗塞や脳出血、脳萎縮の状態などがわかります。

いずれも簡単にできる検査といえます。

高血圧、高脂血症、家族に脳疾患の既往歴がある人は、脳に関わる病気になりやすいです。

定期的に脳ドックを受けたらどうでしょうか。